「アクティブな知」を獲得し世界の課題に立ち向かうような人材の育成を目指す武蔵野大学。今求めている学生像や2021年度入試の変更点、高校生へのメッセージなどを大学入試センター事務課の飯山晴信課長に聞いた。

「世界の幸せをカタチにする」ために

―どのような学生を求めていますか。アドミッション・ポリシーを高校生に分かりやすくお聞かせください。

本学は「アクティブな知」「世界の幸せをカタチにする」というキーワードを掲げています。身の回りから始まって世界を視野に入れ、さまざまなことに興味を持ち問題を発見して解決できるような人材になってもらうことが本学の願いです。ですので、書類や面接などではぜひそういった積極性をアピールしてください。

バリエーション豊富な出願資格

―貴学ならではの入試制度やそのメリットを教えてください。

総合型選抜は面接を重視しており、約20分間実施します。今回は面接の中に口頭試問も取り入れますが、主な質問は従来の面接と同じです。出願資格については、課題の提出、ボランティア活動、コンテストやコンクールの成績など、非常に豊富なバリエーションを用意しています。

公募制学校推薦型選抜の面接は15分程度で、総合型選抜と同様に口頭試問も含みます。試験は11月と2月に実施し、学習成績の基準は昨年までと同程度です。どの時期までの評定平均値かという問い合わせも来ていますが、出せる範囲での最新の値で結構です。

一般選抜の試験は、傾向も形式も例年と変更はありません。基礎学力を問うことを目的としていますので、教科書に沿って過去問を参考に勉強してください。一般選抜には共通テスト併用型も含まれますが、こちらも科目・時期の設定は例年どおりです。

共通テスト利用選抜は前期・中期・後期とあり、後期は3月11日まで出願することができます。

受験生にチャンスと選択肢を与える日程

―2021年度入試に変更点はありますか。

総合型選抜において、日本文学文化学科では面接に加えて小論文を実施することになりました。また例年は10月に試験を実施していましたが、今回は追加で12月と3月にも実施し、その後半2回の日程では試験の前に一次選考として書類選考も行います。今年は不安定な状況がありますので、受験生にチャンスと選択肢を与えるために幅広く日程を組みました。

一般選抜の英語外部検定活用方式では、前回までは英語資格のスコアを点数換算して利用することで当日の英語の受験は不要としていましたが、今回はスコアの点数を利用したうえで当日受験することもできます。その場合はより得点の高い方で合否を判定します。

共通テスト利用選抜の前期日程は、前回まで1科目のみでの受験が可能でしたが、今回からは最低2科目以上に変更されました。

▼パンフレットなどの資料が欲しい人は▼

 

直接とオンライン、両方の形式で相談を実施

―新型コロナへの対応を決まっている範囲で教えてください。

総合型選抜のⅠ期はオンラインでの面接を実施することになりました。またコロナに感染して予定していた試験が受けられなかった場合、追試日程は組まず他の選抜への振り替えで対応します。ですので、共通テストを受験しておくと万一の際に選択肢が増えるということは言えると思います

8月から、土曜のみの予約制で直接来校してもらう形での相談を受け付けています。またオンラインでの入試相談も7月から開始しており、こちらも予約制で現在は毎週火・木・金の15時~18時半に行っています。入試について分からない点がありましたらぜひ相談してください。

現役の実務家から起業を学ぶ学科を新設

―教育内容に関する最近のトピックスは?

まず、アントレプレナーシップ学科という新しい学科の開設を予定しています。一学年60人の比較的小さい学科ですが、オンラインの模擬授業には100人ほどが参加しました。ベンチャー企業の経営者やNPO法人の創業者など現役で活躍している方々を教員に迎え、「事業とは何か」を学ぶところから始まって実際に起業するところまで導きたいと考えています。

二つ目は、1年次の基礎課程をリニューアルした「武蔵野INITIAL」です。「データサイエンス基礎」「人工知能基礎」を必修とし、情報関連の科目を強化しました。またSDGsについてグループワークで学ぶ「Creating Happiness Program」という科目を新設しています。

三点目として、これまで1年生は全員が武蔵野キャンパスで学んでいましたが、2021年度からはキャンパス完結型の大学として、各学部の所属キャンパスで4年間学ぶことになります。(教育学部は2022年度より移転します。)

 

またこれは2018年度からですが、入学金を25万円から18万円に減額しました。都内で10万円台の大学は少ないと思いますので、受験生にとっては魅力のひとつではないでしょうか。

 
武蔵野大学  大学入試センター事務課 飯山晴信課長

―高校生へのメッセージをお願いします。

非常に大変な年になりましたが、諦めずに最後まで自分が納得できるところを探し続けてください。本学のスタッフは入試に関する専門家ですので、本学の話題に限らず困ったことがあれば何でも聞いてほしいと思います。受験生だけでなく、1、2年生からの相談もお待ちしています。

▼入試方法は変わる場合がありますので公式サイトを必ず確認してください▼