今人気の漫画作品は?  最新の漫画売れ筋ランキングを紹介します。(越沢琴奈)

2022年4月の人気漫画ランキング

紀伊国屋書店ベストセラー(2022年4月2日~5月1日)によると、最近売れている漫画の1位は、『呪術廻戦』の最新刊(19巻)。2位及び8~10位にランクインした『SPY×FAMILY』は、スパイの男・殺し屋の女・超能力者の少女が、お互いに正体を隠したまま仮の家族を作るアクション×コメディ。22年4月からアニメが放送中。来年3月に帝国劇場からミュージカル化することも発表され、話題の作品。

SNSで爆発的な人気を得て話題となった『タコピーの原罪』の下巻は6位。いじめを受けているしずかちゃんとタコ型の地球外生命体・タコピーの交流を描く。

  • 【1位】呪術廻戦 19(ジャンプコミックス)芥見下々、集英社、484円
  • 【2位】SPY×FAMILY 9(ジャンプコミックス PLUS)遠藤達哉、集英社、528円
  • 【3位】ONE PIECE 102(ジャンプコミックス)尾田栄一郎、集英社、484円
  • 【4位】東京卍リベンジャーズ 27(少年マガジンKC)和久井健、講談社、528円
  • 【5位】名探偵コナン 101(少年サンデーコミックス)青山剛昌、小学館、550円
  • 【6位】タコピーの原罪 下(ジャンプコミックス PLUS)タイザン5、集英社、660円
  • 【7位】ゴールデンカムイ 29(ヤングジャンプコミックス)野田サトル、集英社、594円
  • 【8位】SPY×FAMILY 8(ジャンプコミックス PLUS)遠藤達哉、集英社、528円
  • 【9位】SPY×FAMILY 4(ジャンプコミックス PLUS)遠藤達哉、集英社、528円
  • 【10位】SPY×FAMILY 5(ジャンプコミックス PLUS)遠藤達哉、集英社、528円

(集計期間:2022年4月2日~5月1日・紀伊國屋書店売り上げデータ。価格は税込)