大学入試センター試験の後を継ぐ初めての大学入学共通テストが2021年1月16日から実施される。日程、時間割・出題科目など、基本情報をまとめた。

1.実施日程は

今回は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、本試験が2度行われる異例の日程となった。1回目の本試験は、1月16日(土)・17日(日)に、2回目の本試験は1月30日(土)・31日(日)に行われる。2回目の日程は、新型コロナウイルス感染症の感染予防のための休校などで学習が遅れた人のうち、事前に希望した人が受けられるが、大半の受験者が1回目の日程を希望した。

病気などにより、1回目の日程が受験できない人は、1月30日(土)・31日日)に
追試験を受けられる。2回目の日程を病気などで受けられない場合は、2月13日(土)・14日(日)に行われる特例追試験を受験できる。

1回目の日程と2回目の日程(追試験を含む)は同じ時間割で、大学入学共通テストの出題方針に沿って作成された問題を解くことになるが、特例追試験は旧センター試験と同様の出題となる。センター試験時代に事故などに備えて作られた緊急対応用の問題を使うためだ。

2.時間割・出題科目は

大学入学共通テストの時間割は次の通り。センター試験と比べて、数学①の試験時間が10分延びて70分となる。英語は、センター試験では「筆記」と「リスニング」に分かれていたのが、「リーディング」と「リスニング」の出題になる。

2021年度大学入学共通テストの時間割

3.試験会場は

試験場は、全国の国公私立大学が中心で、一部の公私立高校も会場となる。大学入試センターによると、1月16・17日の試験は、全国681試験場で実施。1月30・31日の試験は全国の50試験場で実施される。

1月30・31日の追試験は全国63試験場で実施される。例年は追試験は全国2試験場だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて全都道府県に会場が設けられる。

2月13日(土)・14日(日)の特例追試験は、東京芸術大学と神戸大学の2試験場が設けられる。

高校生新聞オンラインでは、大学入試特集ページで、大学入学共通テストの問題・正解・分析を試験当日の夜から速報します。