立教大学と高校生新聞オンラインがコラボした特別サイトR-TIME'S」(Sponcerd by 立教大学)に、新たな記事が追加されました。今回は、現代心理学部 映像身体学科4年の関根大河さんのインタビュー

映像制作の基礎を学ぶだけでなく、実際にプロの映画監督として活躍する教授から教えを受け、卒業制作では学生だけのチームでオリジナル作品を撮影しているそう。

 

さらに今回の記事内では、関根さんが関わった映像作品も限定公開中。

総合大学で映像を学ぶことのメリットや、意外(?)な就職先まで、ご自身の充実した大学生活を語ってくれています。

関根さん以外にも、さまざまな学生が登場する「R-TIME'S」はこちらでチェックしてください。