ランクイン数は世界3位

英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が集計する「世界大学ランキング」の最新版(2018年版)が発表された。

世界1位は昨年に続き英国のオックスフォード大学。10位までを英米とスイスの大学が占めた。アジアで最も順位が高かったのはシンガポール国立大学(22位)だった。

日本の大学は、46位の東京大学(昨年39位)が最上位で、74位の京都大学(昨年91位)が続いた。100位以内に入った国内大学は2大学で、これは、中国、韓国などと並び世界10位。一方、ランクインした1102大学のうち日本の大学が89校を占め、これは、米国、英国に続く3番目の多さという。

THEのランキングは世界的に注目され、留学する大学を選ぶ指針としても使われている。①教育力②研究力③研究の影響力④国際性⑤産業界からの収入―の各分野を設けて大学の実績を調べたり、世界の研究者にアンケート調査をしたりして順位を決める。順位付けの基準は、研究や大学院教育を重視している。ランクインするには、大学が自主的にエントリーすることが必要だ。

調査を担当したダンカン・ロスさんは「東大が順位を下げたのは、悪くなったというより、周辺の(国の)大学が力を付けたため」と話す。日本の大学に対して「ランキングを上げること自体には意味がない。自大学の課題を明確にして、世界の中で重要な役割を果たしてほしい」と期待する。