甲府南高校(山梨)の文化祭「第55回緑陽祭」(6月21、22日)が開催された。同校の文化祭では、毎年恒例の催しとして、全学年・各クラスがダンボール製の造形物を製作し、その出来栄えを競う「造形コンクール」が実施される。上位に入賞した作品を紹介する。(文・写真 中田宗孝)

1位に輝いた作品

ガムテープは使っちゃダメ 2週間で作り上げ

造形コンクールの歴史は古く、第1回から行われ、プラスチックや木材、ペットボトルといった素材を用いて個性あふれる造形物を製作してきた。2002年度からは、素材を段ボールとボンドのみに限定し、現在に至る。また、ガムテープの使用が禁止されており、製作を担う各クラスの造型班のメンバーたちの創意工夫が問われる。

約2週間弱で作りあげる、約3~4メートル四方の大きさの造形物は、文化祭中、校門からすぐのロータリーと駐輪場に設置。今年度は21作品が展示され、訪れた来場者たちの目を楽しませた。各作品は、審査員の教員と文化祭実行委員の代表生徒による審査が行われ、文化祭の最終日に順位を発表。造形物の完成度はもちろん、発想や表現方法、技術力などが審査基準となる。審査の結果、野球バットを持って構えるゴジラを製作した3年5組の造形作品「55ゴジラ」が1位に輝いた。

1位 松井秀喜選手の打撃フォームそっくりのリアルゴジラ

3年5組は14人で野球バットを構える「55ゴジラ」を制作。クラス替えはなく、1年時から毎年ほぼ同じメンバーで制作に励んだ。文化祭が55回目となることから発想を膨らませ、55番の背番号で知られる元メジャーリーガーの松井秀喜選手、その愛称、ゴジラを作品にした。よく見ると、松井選手の打撃フォームにそっくり。「クラスの野球部員に意見をもらい、バッターボックスに立つ松井選手の肘の角度、足の開き方を忠実に再現しました」(佐野竜弥君)

キャッチャーから見た光景
松井選手の打撃フォームにそっくり

水を含ませてしならせたダンボールを曲線部に活用したり、ダンボールの表面に接着剤を塗ってツヤ感を演出したりと、各造形班の創意工夫が作品の完成度を高める。3年5組のゴジラは、色味の違うダンボールを巧みに組み合わせて、ゴジラの皮膚のゴツゴツした質感を繊細に表した。

3年5組の生徒たち

先生らによる審査の結果、「55ゴジラ」が見事1位。「歓喜の渦がクラスに広がり一体感を抱いた。3年間の造形制作で、僕らはクラス愛をより深めました」(齋藤祐也君)

 

2位 今にも天に昇りそう 竜のうろこは3000枚

「造形コンクール」2位に選ばれたのは、3年1組の作品「画龍転生」。 製作リーダーの蔦政陽君を中心に11人で、迫力満点の竜を作りあげた。まるで天空を勇壮に舞うかのような動きに目を奪われる。「アーチ型の竜の胴体を作るのはかなり難しいと思いました。でも、その部分をうまく表現できれば、よりインパクトのある造形物になると考え挑戦しました」(保坂檀君)

竜の全体像
3年1組の生徒たち

竜のうろこは、色味の異なる段ボールを巧みに織りまぜて一枚一枚製作し、総数は約3000枚にも及んだという。竜の口の中も丁寧に作り込むことで、表情に力強さが加わった。「段ボールを水につけると独特の“しなり”を出せる。それを曲線部に使うなど、1、2年の時の造形製作で培った技術が随所に生かされているんです」(保坂君)

竜のうろこ
竜の顔

3位 クラス全員で毛並みをチョキチョキ たけだけしいグリズリー

「造形コンクール」3位は、野性味あふれる熊を製作した1年1組の作品「クマ出没中」。造形製作に初挑戦の1年生ながら、製作リーダーの神宮寺俊輔君ら13人のメンバーは、クオリティーの高い作品を完成させ、審査員たちを驚かせた。「モチーフの一つになったグリズリー(主に北アメリカに生息する熊)など熊の写真を、横から後ろからとさまざまな角度から見比べて、どんなポーズにすれば迫力が出せるか考えました」(神宮寺君)

リアルなグリズリー
1年1組の生徒たち
今にも襲い掛かってきそうだ

ほえる熊のたけだけしさをより際立たせる毛並みは、段ボールを細かく切って表現。毛の製作にはクラス全員が携わった。「クラスのみんなが朝時間や休み時間を使って協力してくれた。黙々と段ボールを切る光景を見た時、良い作品になると感じました」(今澤志音君)

 

4位 海から飛び出す迫力の海賊船 ボンド固めて窓表現

海風にはためく帆が印象的な「海賊船」を製作した2年4組が「造形コンクール」4位。設計を担当した製作リーダーの渡辺快君は、「構図はこだわりの部分。単に海に浮かぶ船よりは、海から飛び出すような迫力のある船にしようと思い立ちました」と話す。船上の甲板に設置した階段や側面に備わる大砲、ディテールの細かい作り込みにも造形班のアイデアが光る。「船の側面に付く透明な窓は、実は段ボールで作ったモノではないんです。ボンドを固めて窓にしています」(渡辺君)。

完成した海賊船を見た他クラスの生徒から感嘆の声をもらった。製作チームの一人、牛場陸温君は「口々に『すごい!』と言われて本当にうれしい」と、はにかんだ。

構図にこだわった
2年4組の生徒たち

5位 モフモフ感あるしっぽにこだわり 九尾の狐

「造形コンクール」5位に選ばれた2年5組の造形班は、キツネの妖怪「九尾(狐)」を製作。クラス替えなく進級した同クラスは、1年時に作った造形物「ユニコーン」の製作経験を生かした。「特に胴体部分の製作は去年の技術が役立ちました」(製作リーダーの柳澤京佑君)。製作メンバーを、頭、胴体、足、尻尾と、分担して作業を進めた。

どう猛な顔立ちをしたキツネの表情は、オオカミを意識して作られたという。「特にモフモフ感のある毛並みは上手に表現できて気に入っています」(柳澤君)。設計を担当した樋川喜一君は、「作業が遅れ、尻尾がきちんと9本完成するかも危うかったんです。メンバーたちが急ピッチで頑張ってくれた。出来栄えに満足しています」と、仲間たちをねぎらった。

2年5組の生徒たち
たくましいモフモフの尻尾がかっこいい