高校の文化祭実行委員らが、より良い文化祭の運営を目指して話し合い、交流する「集まれ文実!」のメンバーに、文化祭の悩みをどう解決したかを聞いた。

悩み
 ステージ企画が内輪でだけ盛り上がる内容に……。

解決
 来場者にいつも通りの姿を見てもらった

 「内輪で盛り上がる」とは「いつも通りの姿を見せている」ことだと考えを変え、「こ ういうの、男子校の盛り上がりだよね!」と来場者にも思ってもらえる企画を考案。同じ 男子校と合同企画を行い、ステージ上で熱い対決をしたところ、多くの来場者が! 保護 者からは「普段の学校生活の様子が分かって良い」と感想をいただきました。

悩み
 企画が目新しさに欠ける……。

解決
 他校と合同で新企画を実現させた

 新しいことに挑戦するべく、他校と合同企画を実施しました。「集まれ文実!」で他校 に声を掛け、2校が賛同。オリジナルグッズを作製・販売して、利益を公的機関に寄付す る企画を成功させました。互いの文化祭に足を運び、販売を手伝うことで、単に予算を投 入しただけの安易な企画になることなく、学校全体としての交流につなげられました。

(石山君提供)

悩み
 受付のシフトに来ない人がいる……。

解決
 代役を立てずに責任感を持たせた

 来場者受付は各クラスの代表者によるシフト制です。しかし、クラスのシフトがあった り、友人と文化祭を楽しんでいたりして、例年、担当の時間に来ない人が……。そこで、 来ない場合は他の人が代行するのをやめて、シフトの把握を徹底させ、来ない場合は校内 を探すようにしました。その結果、責任感が生まれ、改善できました。

悩み
 クラスの代表者が提出物を紛失……。

解決
 ファイルを作って管理できるようにした

 クラスの代表者(チーフ)が規定を把握せず、提出物を紛失。そこでファイルを作り、 見てすぐに分かるように必要な書類をまとめて配布しました。チーフの招集時はファイル を必ず持参してもらい、配布物を必ず入れるように指示し、提出物の紛失がないように徹 底しました。その結果、提出物の紛失はなく、書類の提出率もとても上がりました。

協力・向井俊輔君(東京・海城高校3年)、石山海大君(東京・中央大学杉並高校3年)・ 山下大輝君(東京・中央大学杉並高校2年)、宮日向子さん(東京・駒込高校3年)

集まれ文実!】有志の高校生で2014年に発足。互いのノウハウを共有し、問題点を解決できるヒントを得るべく意見交換している。開催までの運営は全て高校生が行う。会議には毎回100人前後の生徒が参加。最新情報は公式ホームページ(https://atsubun-web.jimdo.com/)を参照。