2020年度大学入試センター試験が1月18日(土)と19日(日)に行われる。センター試験は受験者向けの注意事項が詳細に決まっている。使用すると不正行為になる物、試験時間中に出してよい物、着用する服などの注意点をまとめた。

試験時間中に「机の上に置いてよいもの」は

・受験票・写真票(最初に受験する試験時間中に回収)

・黒鉛筆(H、F、HBに限る。和歌・格言などが印刷されているものは不可)

・シャープペンシル(メモや計算に使用する場合のみ可。黒い芯に限る)

・プラスチック製消しゴム

・鉛筆削り(電動式・大型は不可。ナイフ類も不可)

・時計(辞書、電卓、端末等の機能があるものは不可。これらの機能があるか判別しづらいものも不可。秒針音のするもの・キッチンタイマー・大型のものも不可)

・眼鏡、ハンカチ、目薬、ティッシュペーパー(袋や箱から中身だけ取り出したもの)

これら以外のものを試験中に使うのも机上に置くのもいけない。

特に次の物も使ってはいけないと明記されている。

試験時間中に「使用してはいけない」ものは

・定規(定規機能を備えた鉛筆も不可)、コンパス、電卓、そろばん、グラフ用紙等の補助具

・携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、電子辞書、ICレコーダー等の電子機器類

これらを試験時間中にかばんなどにしまわず、身に付けていたり、手に持っていたりすると「不正行為」とみなされる場合がある。2019年度センター試験でも、試験中にスマートフォンを使っていた受験者や、国語の試験中に定規を使っていた受験者が不正行為とされて、全教科の試験結果が無効になってしまった。

なお、試験中に耳栓は使用してはいけない。試験監督の指示などが聞き取れない場合があるためだ。

試験室内でコート類を着ても構わないが、英文字や地図等が印刷されている服等は着用してはいけない。来ている場合は、脱いでもらう場合があるという。

座布団やひざ掛けを使いたい場合は、監督者の許可を得てから使用する。

服装の注意点は

詳しくは大学入試センターが出している「受験上の注意」全体を事前にしっかり読んで本番に臨もう。