Q お札が新しくなるんだね。

A 政府が4月9日、5年後の2024年度の上半期(4~9月)をめどに、1万円札・5千円札・千円札のデザインを新しくした新紙幣を発行することを発表した。お札の表面に描かれる人物も新しくなる。紙幣が一新されるのは2004年以来、20年ぶりだ。

Q なぜ新しくなるの。

A 財務省によると、お札はこれまでも約20年ごとにデザインを変えてきた。偽札づくりを防ぐことが大きな理由という。新しいお札は、最新の技術を投入し、3次元の画像が角度を変えると回転してみえるようにんするなど偽造防止を強化した。500円硬貨も偽造しにくいものに変更される。2千円札は変更しない。

 

Q どんなデザインになるの。

A 表面に描かれている人物も、裏面のデザインも一新される。1万円札は「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一、5千円札は日本の女子教育に大きな役割をはたした津田梅子、千円札は医療の発展に貢献した北里柴三郎だ。いずれも財務省が極秘に選び、準備を進めてきたようだ。

◎新しい1万円札

新しい1万円札の見本

表面:渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)1840年生まれ~1931年死去→第一国立銀行、東京株式取引所など生涯で500もの企業の設立にかかわったとされる。

裏面:東京駅(丸の内駅舎)←治・大正期を代表する建築物の一つ

◎新しい5千円札

新しい5千円札の見本

表面:津田梅子(つだ・うめこ)1864年生まれ~1929年死去→1871年に岩倉使節団に随行した最初の女子留学生の一人。1900年に今の津田塾大学を創設し、女子の高等教育に尽くした。

裏面:フジ(藤)の花←古事記や万葉集にも登場

◎新しい千円札

新しい千円札の見本

表面:北里柴三郎(きたさと・しばさぶろう)1853年生まれ~1931年死去→世界で初めて破傷風菌の純粋培養に成功し破傷風血清療法を確立。ペスト菌も発見した。

裏面:富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」←江戸時代の浮世絵師葛飾北斎の代表作

Q これまでのお札はどうなるの。

A 新紙幣が出回ってからも、これまでの紙幣は同じように使える。財務省は「今のお札が使えなくなる」などとウソをついてお金をだましとろうとする詐欺(さぎ)に注意するよう、呼びかけているよ。