募集内容・審査基準
スマートデバイス・SNSなどの活用方法や情報漏えい対策といった「身近なIT知識」や、情報処理技術者試験「ITパスポート試験」および「基本情報技術者試験」に準ずる内容の試験で得点を競う。今年はプログラミングの知識を競う「プログラミング部門」も新設。コンテスト当日は、高校のパソコンから参加し、全国一斉に行う。
【参加資格 】
・高等学校に在籍する生徒(年齢・学年は不問)
・ビギナー戦は「ITパスポート」の資格取得者を除く
【部門】
〈情報処理部門〉団体戦(5名1チーム)・個人戦/ビギナー戦(個人のみ)
〈プログラミング部門〉個人戦
※情報処理部門の団体戦エントリー者は自動的に個人戦エントリーにもなります
【応募方法】
ご担当教諭によるホームページからの事前エントリー
【参加方法】
開始時間になったら、各PCからログインし問題に取り組んで頂きます。
団体の場合には、5名それぞれのPCから参加となります。
【 試験内容 】
◆情報処理部門
団体戦・個人戦:出題数(80問)、試験時間(70分) 実施方法(CBT方式)
ビギナー戦:出題数(30問)、試験時間(40分) 実施方法(CBT方式)
◆プログラミング部門
個人戦:出題数(23問)、試験時間(70分) 実施方法(CBT方式)
※プログラミング部門には長文問題が1問出題されますので、メモ紙等ご準備ください。
【特典】
エントリー者全員、過去の選手権問題が無料でダウンロードいただけます
【賞】
各部門1チームまたは1名 ※同点が出た場合はクリアタイム順となります。
優 勝 :表彰状・記念品・副賞
【図書カード 団体10 万円・個人2万円・ビギナー1万円・プログラミング2万円】
準優勝:表彰状・記念品・副賞
【図書カード 団体 5 万円・個人1万円・ビギナー5千円・プログラミング1万円】
3  位:表彰状・記念品・副賞
【図書カード 団体2.5万円・個人5千円・ビギナー3千円・プログラミング5千円】
4 位:表彰状・記念品・副賞
【図書カード 団体1.5万円・個人3千円・ビギナー2千円・プログラミング3千円】
5  位:表彰状・記念品・副賞
【図書カード 団体 1 万円・個人2千円・ビギナー1千円・プログラミング2千円】
特別賞:千葉工業大学賞 アイテック賞 高校生新聞社賞
【表彰式】
2018年8月18日(土)
千葉工業大学 東京スカイツリータウン(R)キャンパス
〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリータウン®ソラマチ8階
【 お問い合わせ 】
高校生新聞社「全国高等学校情報処理選手権」係
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-10
TEL.042-724-2750(直) FAX.042-724-2710
E-mail:contest2018▲sclpa.jp
※▲を@に変えてください

主催:千葉工業大学、株式会社アイテック、高校生新聞社
 後援:公益社団法人全国工業高等学校長協会、公益財団法人全国商業高等学校協会、
   一般社団法人全国高等学校PTA連合会、全国高等学校情報教育研究会 (申請中)