世界には、貧困、健康・福祉、教育、環境・エネルギー、人や国の不平等、平和、持続可能な消費やまちづくりといった様々な課題があります。また、日本の暮らしの中でも、世界の幸せを考えるきっかけはたくさんあると思います。「世界の幸せ」とは何だろうか?そのために自分は何が出来るのだろうか?日常生活の身近な出来事や体験、国内外での地道な活動を通じた出会い、関わりあいからの気づきなどから、世界に目を向ける一歩を踏み出してみましょう!

詳細HP → https://www.jica.go.jp/hiroba/program/apply/essay/

 
【応募期間】
2019年6月7日(金)~ 9月11日(水)当日消印有効
【課題 /テーマ】
「よりよい世界の未来を目指して~私たちから始まる一歩~」
【応募条件】
・作品は自分の考えや体験等をエッセイとして書いたもので、他のコンクール事業等で発表してないものとする。
・作品は日本語のものに限る。
・1人1作品のみ応募可。
・作品に題名、学校名、氏名、学年を必ず記入すること。(エッセイ本文の字数には含みません)
・応募用紙はコピー可。JICA地球ひろばホームページからダウンロード可。
・原稿用紙は、特に規定なし。JICA地球ひろばホームページからダウンロードし、使用してもよい。
・作品毎に右肩上をホッチキスで必ず留めること。
※応募者の年齢は、満20歳まで(1999年4月2日以降に出生の方)とする。
〈高校生の部〉
2019年6月時点で高校生であること。 文字数:本文1,600字以内(400字詰原稿用紙4枚以内)
※題名、学校名、氏名、学年は字数に数えません。
※句読点はそれぞれ1字に数えます。改行のための空白か所は字数として数えます。
【応募方法】
●個人の場合

個人応募書類①応募用紙、個人応募書類②アンケート用紙の書類計2枚に、それぞれ必要事項をご記入の上、作品と一緒に応募先まで送付。
●学校単位で応募の場合
学校応募書類①応募用紙、学校応募書類②アンケート用紙、学校応募書類③応募者名簿の書類計3枚に、それぞれ必要事項をご記入の上、作品と一緒に応募先まで送付。
※校内選考をせず、全ての作品を送付してください。




 
 
 
【審査員長】
名誉審査員長 小山内美江子氏(脚本家/JHP・学校をつくる会代表理事
中学生の部/尾木直樹氏(教育評論家
高校生の部/星野知子氏(女優/エッセイスト
【入賞発表】
JICA地球ひろばホームページにて発表。
入賞者には2020年1月上旬に文書にて直接通知する。
【応募先】
〒252-0216 神奈川県相模原市中央区清新8-17-44 
株式会社スクールパートナーズ
「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2019」係
【賞】
中学生・高校生各
◆個人賞
最優秀賞3名(独立行政法人国際協力機構理事長賞1名/外務大臣賞1名/文部科学大臣賞1名)/優秀賞3名/審査員特別賞 4名/国際協力特別賞 10名/国内機関長賞/佳作/青年海外協力隊OB会会長賞
※最優秀賞と優秀賞は副賞として海外研修(2019年7月下旬実施予定)
◆学校賞 60作品以上の応募、または全校生徒の3割以上の応募のあった学校
◆特別学校賞 学校賞を長年に渡り連続して受賞し、多数の応募をしてきた学校
【問い合わせ先】
公益社団法人 青年海外協力協会内
JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト全国運営事務局
電話番号:0265-98-0445(直通)※9:30~17:45(土日祝祭日除く)
 

主催:独立行政法人 国際協力機構(JICA)