勉強法についての悩みに、多くの受験生を合格へと導いてきた各教科の先生がアドバイス。駿台予備学校の物理科講師の坪倉祐一先生に答えてもらった。(構成・安永美穂)

Q. 物理が苦手でつらいです。

 

A. 問題ごとの考え方をまず理解しよう。

本来ならば、それぞれの問題の解法を考える前に、解くときに用いる法則を理解しておくことが重要だ。だが、物理がどうしても苦手だという人は、問題を解いてみる中で、「こういうパターンの出題がされたときはこの法則を使う」「こういう順に考えて式を立てていく」ということを、問題集の解説を読みながら理解するところから始めてもよいだろう。いくつかの問題を解いていくうちに、「次はこうすればよいのではないか」と予測したり、「前に解いた問題はこういう意味だったのか」と理解したりできるようになることもある。

ただし、問題の解答を見て、それを丸暗記しようとするだけでは知識として定着しない。勉強するときは、必ず自分の手を動かして問題を実際に解いてみることを心掛けてほしい。解答を見ずに出来るようになるまで繰り返しやろう。

 
坪倉祐一先生(駿台予備学校 物理科講師)
つぼくら・ゆういち 現役生から高卒生までの幅広いクラスを指導。本格的な授業が支持を得ている。教材執筆や模試の出題も担当している。