今回は、長時間のスマホ操作などで首や肩が凝ったときの静的ストレッチを紹介します。

首に痛みがあるのは、本来は緩やかにカーブしている頸椎(けいつい)が、首を前に出す姿勢を続けたことによって、真っすぐになってしまった「ストレートネック」の症状かもしれません。「疲れを感じたら伸ばす」という習慣づけをしましょう。
(構成・小野哲史、写真・田部翔太、モデル・柏木達哉)

 有賀誠司先生(東海大学健康学部教授)
 
あるが・せいじ  1962年、東京都生まれ。筋力トレーニングに関する研究を行うとともに、多くのアスリートのトレーニング指導に携わる。著書に「ストレッチ大全」(成美堂出版)、「基礎から学ぶ!筋力トレーニング」(ベースボールマガジン社)など多数。
 

首の後ろ肩凝り解消にも効果的

①背すじを伸ばして椅子に座り、両手を組んで後頭部に置く。
 ↓
 ②手を重りにする感覚で頭を前に倒し、首の後ろを伸ばして10~20秒間キープする。力を込めて頭を引っ張ると、首を痛めてしまう危険がある。楽に呼吸をしながら、手の重みを利用して頭を倒す。

 
 

動画もチェック