日々のシチュエーション別に、専門の用具を使わずに簡単にできるストレッチを今月から紹介していきます。第1回は寝る前にリラックスできるストレッチです。

ベッドや布団の上で、大きく息を吸ってゆっくり吐きながら、それぞれの部位を伸ばします。これにより、体の回復機能を高める副交感神経の働きを促すとともに、ぐっすり眠れる効果が期待できます。
(構成・小野哲史、写真・田部翔太、モデル・武藤千夏)

 有賀誠司先生(東海大学健康学部教授)
 
あるが・せいじ  1962年、東京都生まれ。筋力トレーニングに関する研究を行うとともに、多くのアスリートのトレーニング指導に携わる。著書に「ストレッチ大全」(成美堂出版)、「基礎から学ぶ!筋力トレーニング」(ベースボールマガジン社)など多数。
 

 

お尻 立ち姿勢が長かった1日の最後に効果的

 

①あおむけに寝た状態から両手で片膝を抱え、伸ばしている足の爪先は立てておく。
 ②抱えた膝を胸に近づけるように、お尻の張りを感じるところまでゆっくり引き上げ
て10~20秒間キープ。逆の脚も同様に行う。

【注意!】腰と背中、伸ばした脚の膝の後ろが床から浮かないように意識する。

 

バリエーション

 

膝を抱えたまま、お尻の張りを意識しながら、膝を内側や外側に向けた姿勢でも行ってみよう。これにより、いろいろな角度から伸ばすことができる。

動画もチェック