【NEWS早わかり】北朝鮮のミサイル 狙いと能力は?

LINEで送る

3月には4発を日本海に発射

 北朝鮮が3月6日、同国北西部の東倉里(トンチャンリ)から弾道ミサイル4発を発射、ミサイルは約千キロを飛んで秋田県の西約300〜350キロの日本海に落下した。うち3発の落下地点は日本が独占して漁業などを行う排他的経済水域(EEZ)で、日本政府は国連安全保障理事会決議への明確な違反だとして北朝鮮に厳重抗議した。

 北朝鮮は昨年、20発を超える弾道ミサイルを発射。今年2月には新型中距離弾道ミサイルを発射し、日本海に落下している。

最終目標は米本土か

 北朝鮮には、どんなミサイルがあるのか。また、開発を進めるミサイルの最終目標は何なのだろうか。

 北朝鮮の弾道ミサイルは、韓国を標的とする短距離の「スカッド」、日本のほぼ全土を射程に収める中距離「ノドン」(射程1300キロ)、米領グアムを狙う中距離「ムスダン」(同約2500〜4千キロ)が配備済みという。

 北朝鮮の最終目標は米本土を標的にした大陸間弾道ミサイル(ICBM)とされる。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は今年1月、ICBM発射実験準備が「最終段階」に入ったと表明しており、もし北朝鮮がICBMの開発に成功すれば、地域の戦力バランスが一変する恐れがある。

(高校生新聞 2017年4月号から)

 

ニュース解説

LINEで送る