【NEWS早わかり】1・2月のニュースダイジェスト

LINEで送る

(海外ニュースは現地時間)

●日本老年学会などが「高齢者は75歳から」との定義を提言した。一般的に高齢者とされてきた65歳以上でも元気な人が多いため、「社会の支え手」として捉え直す狙い。(1月5日)

●国際サッカー連盟(FIFA)は、2026年ワールドカップの出場国数を現在の32から48に拡大すると決めた。(1月10日)

文部科学省が国家公務員法に違反する、職員の再就職のあっせんを組織的に行っていた疑いが浮上し、事務次官が辞職した。(1月20日)

日本相撲協会は、初場所で優勝した稀勢の里の横綱昇進を決めた。日本出身力士の横綱は14年間不在だった。(1月25日)

●警察庁は、振り込め詐欺などの特殊詐欺の認知件数が昨年1年間で1万4151件、被害額が約406億円だったと発表した。行政を装って「医療費が還付される」とだまし、ATMなどで振り込ませる手口が増えているという。(2月2日)

●安倍晋三首相はトランプ米大統領と初の首脳会談を行い、日米同盟の強化などで一致した。米国の難民・移民政策は議題にならなかったという。(2月10日)

●北朝鮮が中距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。トランプ大統領と安倍首相は共同で記者会見し、北朝鮮を批判した。(2月12日)

東芝は昨年末時点で資産を負債が上回る「債務超過」となる見通しを公表した。米国の原発事業で巨額の損失を出したため。(2月14日)

(高校生新聞 2017年3月号から)

 

ニュース解説

LINEで送る