第20回ボランティア・スピリット賞 文科大臣賞は「蕎麦打ちで復興支援」と「歌で地域貢献」

LINEで送る

(左から)文部科学大臣賞の金山澤さん、鈴木さん、米国ボランティア親善大使の永江君、小手川さん

(左から)文部科学大臣賞の金山澤さん、鈴木さん、米国ボランティア親善大使の永江君、小手川さん

 ボランティア活動に取り組む中高生をたたえる第20回「ボランティア・スピリット賞」(プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命など主催)の全国表彰式が12月23日、東京国際フォーラムで開かれた。全国から約1700件の応募があり、文部科学大臣賞に金山澤杏朱(かなやまざわ・あんじゅ)さん(宮城県農業高校2年)と鈴木由里花さん(東京都立国際高校3年)が決まった。

 金山澤さんは、東日本大震災からの復興に貢献しようと、「蕎麦打ち」を通したボランティア活動に取り組む。被災した塩害農地で蕎麦を育て、仮設住宅で打ち立ての蕎麦をふるまったり、ふるさと納税の返礼品として蕎麦打ちツアーを企画したりした。鈴木さんは、「歌うことで地域に貢献しよう」と池上本門寺(東京)の合唱団のリーダーとしてコンサートを企画し、幅広い世代の人たちに楽しんでもらったり、多くの人が訪れる祭りで清掃や人々の誘導などに励んだりした。

 受賞者同士の投票で決まる「米国ボランティア親善大使」には、永江春輝君(兵庫・相生学院高校明石校3年)と小手川由莉さん(大分県立大分上野丘高校3年)が選ばれた。2人は2017年5月に米国で行われる全米表彰式に日本代表として参加する。

 永江君は、校内の「創作絵本ベンチプロジェクト」の代表。プロジェクトではベンチを擬人化したキャラクターが登場するオリジナル絵本の朗読ライブを、保育園、幼稚園、老人ホームなどで行い、世代を超えた交流を続ける。小手川さんは「笑顔の輪を広げよう」と毎週、病院や老人ホームを訪れ、ピアノ演奏など音楽を通じて高齢者や患者を楽しませている。

ボランティア・スピリット賞の全国表彰式に参加した中高生たち(12月23日、東京国際フォーラム)

ボランティア・スピリット賞の全国表彰式に参加した中高生たち(12月23日、東京国際フォーラム)

 全国表彰式には、地区ごとに選出されたブロック賞の40人(団体受賞の場合は代表者)が参加。奨励賞8人(団体)も選ばれた。文科大臣賞、米国ボランティア親善大使以外の受賞者は次の通り。(敬称略)

 【SPIRIT OF COMMUNITY 奨励賞】愛知・岡崎市立竜南中学校 竜南いのち守り隊▽佐賀県立唐津東高校 科学部▽香川・善通寺市立西中学校 善通寺東西中学校ボランティアクラブ▽静岡雙葉高校 カラフルピース▽川嶋乃笑(東京・女子聖学院高校)▽長野県下高井農林高校 園芸交流クラブ▽福岡・上毛町立上毛中学校 特別支援知的学級▽山本しずく(神戸龍谷高校)

 【ブロック賞】鎌田優太(札幌市立札幌中学校)▽鈴木綸(秋田県立能代高校)▽秋田県立増田高校 農業科学科野菜専攻班▽仙台市立郡山中学校 生徒会▽山形県立置賜農業高校 チームAgriction▽栃木県立学悠館高校 JRC部▽栃木県立真岡女子高校 JRC部▽長野県飯田OIDE長姫高校 コンピュータ制御部▽高橋芳歩(茨城県立土浦第一高校)▽東京・順天高校 GLAP1フィリピン派遣チーム▽東京・調布市立第五中学校 ボランティア・ダンス部▽井上友花(神奈川県立吉田島総合高校)▽山梨県立ひばりが丘高校 うどん部▽郡上鮎の会(岐阜県)▽静岡県立富岳館高校 キノコ研究班▽近藤奈々(愛知・大口町立大口中学校)▽大阪市立鶴見商業高校 地域連携プロジェクト実行委員会▽川崎紗葉(大阪府立旭高校)▽尾谷紅葉(大阪府立農芸高校)▽岡山県立矢掛高校 YKG60▽岡山理科大学附属高校 RIDAIFUボランティア▽広島県立瀬戸田高校 しまおこし事業部▽新野高校・小松島高校・小松島西高校勝浦校 緑のリサイクルソーシャルエコプロジェクトチーム▽天羽礼(徳島文理高校)▽福岡県立糸島農業高校 根っこ部▽長崎県立諫早農業高校 食品科学部▽熊本・嘉島町立嘉島中学校 生徒会(全校生徒)▽佐々木陽悠(沖縄・中城村立中城中学校)

ボランティア・スピリット賞の全国表彰式に参加した中高生たち

ボランティア・スピリット賞の全国表彰式に参加した中高生たち

(高校生新聞オンライン2016年12月23日更新)

【ボランティア・スピリット賞】

LINEで送る