【今月のオススメ】書籍・音楽・映画(2016年12月号)

LINEで送る

進路の悩みに効く一冊特集


 書籍  それでも前へ進む
伊集院静著 (1296円、講談社)
◆心の支えになる言葉たち
 直木賞作家である著者が、家族や友、仕事などについてつづったエッセー。今、進路や受験でいろいろと悩んで考えている人も多いと思うが、この本には人生の心の支えになる深い言葉が多く書かれている。「何があっても前を向いて進んでいこう」と思える。
(セイキング)


 書籍  パラレルな知性
鷲田清一著(1836円、晶文社)
◆学ぶ姿勢を問う
 知識、教養をどうして身に付けるのか? あらゆることを専門家に任せすぎていないか? この本では2011年の東日本大震災後、科学に対する不信感が生まれていることをきっかけにして「私たちが学んでいこう」と呼び掛けている。進路、大学について悩んだり、「大人になるとはどういうことか」と考えたりするときに読むのがオススメ。
(ミカサ)


 書籍  前へ!前へ!前へ! 足立区の落ちこぼれが、バングラデシュでおこした奇跡。
税所篤快著(1404円、木楽舎)
◆行動したい気持ちになる
 農村に住むバングラデシュの高校生は、いくら優秀でも貧しさのために大学進学できないでいた。当時学生だった著者は、そうした高校生のために映像授業の予備校づくりに奮闘する。文化がまるで違う人たちを巻き込む著者の思い入れが熱い! 読めば自分も何か行動したくなる。
(さやか)

オススメMUSIC&MOVIE

 音楽  逆転Winner
ジャニーズWEST
 受験生はもちろん、部活、バイト、今日を生きることで誰しも毎日何かに向かって頑張っていることがある。この曲はそんな頑張っている人を応援してくれる。思わずノッてしまうようなメロディーと、どんなに不利な状況でもやってやろうと思える歌詞は一度聴いたら忘れられない。
(さ〜ちゃん)

 映画  ピンポン
 同名の卓球漫画を映画化した作品です。主人公と、彼を取り巻く個性豊かな登場人物たちが織り成す試合が、リズミカルな音楽に乗って繰り広げられていきます。実力だけでなく、心と心のぶつかり合いの様子は圧巻です! 一番のオススメです。
(ジェイ)

 映画  ディセンダント
 ディズニー映画の悪役(ヴィランズ)に子どもがいたら? 彼らは親と同じ悪の道を進むしかないの? 「いい人」になってはいけないの? ノリノリの曲とダンスに乗せて描くディセンダント(子孫)たちの青春ストーリー。きっと、あなたもヴィランズが大好きになる!!
(冨士原睦唯)

※個人情報の取り扱いについては、下記の「個人情報保護と利用目的について」に同意の上、ご応募ください。

■個人情報保護と利用目的について
高校生新聞にご提供いただく個人情報は、以下の内容で利用します。
・プレゼントの発送、ご記入いただいた内容に関するご本人への連絡、お問い合わせ
上記以外の目的でご本人の同意なく、個人情報を利用することはありません。
高校生新聞(株式会社スクールパートナーズ)は「個人情報保護方針」を定め、読者の皆様からお預かりする個人情報の適切な管理と維持に努めます。
「個人情報の保護に関する法律」等に基づく公表事項は当社ホームページ http://www.sclpa.jp/privacy.htmlを、ご覧下さい。
上記ページは当該「個人情報の取り扱いについて」の内容を補足するものです。
個人情報についてのお問い合わせは
【お客様相談窓口】TEL 042-739-6622 まで。(受付時間:月〜金 9時〜17時)

(高校生新聞 2016年12月号から)

 

オススメ情報

LINEで送る